骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きのレビュー!

こんばんは、三十路のおっさんです。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きのレビュー記事です。

お値段はAmazonで税込26,268円。

メーカーはAftershokzです。

関連記事

骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き


こちらが骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きです。

外箱は相変わらずおじさんですな😅

というのもこの商品、関連記事のAeropexと同じメーカーさん、AfterShokzの新作。

今度は骨伝導ワイヤレスヘッドホンをテレビ用として使えるようにトランスミッターを付属した商品になってます。


裏側はこんな感じ。

今度は完全に日本語対応になってます。

これは嬉しい!


ただAeropexの箱はマグネット仕様だったのですが、今回は普通の箱になってました。

マグネット仕様の箱のほうが使いやすかったのですが、まぁ、些細な問題かな。

内容物・付属品



内容物と付属品はこんな感じ。

・AS801
・トランスミッター
・マグネット充電ケーブル
・収納ケース
・耳栓
・充電用USBケーブル
・オプティカルオーディオケーブル
・Aux 3.5mm オーディオケーブル
・Aux 3.5mm RCA オーディオケーブル
・説明書
・保証書

いろいろ入ってますな……。

AS801って言うのは骨伝導ワイヤレスヘッドホンの本体のことです。

前回レビューしたAeropexはAS800になっています。

それにテレビ用として使うためにトランスミッター関連のアイテムが増えている感じですね。

個人的に気になったのは充電用USBケーブル。

Aeropexは予備なのか二本入っていたのですが、これには一本しか入っていませんでした。

ちと残念。

AS800とAS801の違い


使用してみた感じ、あまり差は感じませんでした。

ただAS801だとaptxというコーデックに対応しているとのこと。

正直、私も詳しくないのでよく分からないのですが、要するに

・普通よりも音が高音質
・加えて遅延も少ない

ってことみたいです。

私は基本的に音楽を聞くときぐらいしか使用していないので遅延については気にならなかったのですが、動画を見たりとかゲームで遊ぶ場合に使用するのであればAS801、つまり骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの方を購入したほうが良いのかもしれません。

まぁ、こっちの方がお値段は高いんですけど。

あとaptxって基本的にはAndroidでしか使えないみたいです。

iPhoneを使用している人だとAS801を購入しても遅延があるかもですね。

そこはご注意下さい。

私はAndroidスマホしか持っていないので確認できないんですよね……。

トランスミッター


こちらが今回の目玉のトランスミッターです。

大きさは手のひらに乗っちゃうサイズ。

小さいですな。


裏側には三つ端子を接続できるようになっています。

左から

・マイクロUSB
・オプティカルオーディオ
・Aux 3.5mm

です。

どのケーブルも付属しているので持っていなくても使用できます。

これは嬉しい!

最近のメーカーはこういう配慮が欠けているところが多いですよね。

AfterShokzは良いメーカーです!


ちなみに通常はこんな感じですが


電源をオンにすると点灯し、今どの状態で接続しているかも分かるようになってます。

実際に使ってみた感想

ヘッドホンとしての使い勝手はAeropexと変わらなかったので、以前の記事を読んでみて下さい。

実際にトランスミッターを介して使用してみました。

確かに全然遅延を感じません。

これは凄いですね。

ただしスマホとBluetoothで接続した場合だと遅延を感じました。

私のスマホは調べてみたら一応aptxに対応しているのですが、やや遅く感じましたね。

ただ二年近く前の機種で、そろそろ買い替えを考えているぐらいなので……。

最新機種だとどうなるかは分かりません。

ひょっとするとaptxを使用できていなかったのかも……?

機種を買い替えたらもう一度試してみます。

良かった点・悪かった点

良かった点

・テレビの音をワイヤレスで聞くことができる
・テレビとスマホ、兼用で使用できる
・PCにも使用できる
・トランスミッターを使用した場合、ワイヤレスでも遅延を感じなかった
・数種類の端子が使用できる
・本体とトランスミッターはすでにペアリング済なので、購入後すぐに使用できる

悪かった点

・トランスミッターは使用する際、USBケーブルで接続する必要がある
・トランスミッターを介さずにBluetooth接続すると遅延を感じた

特に気になった所

まず良かった点。

PCにも使用できる点ですね。

テレビ用と書かれていますが、USBでPCにも接続して、スピーカーの代わりに使用できます。

これで夜遅くに動画見る場合でもワイヤレスで音を聞くことができます。

個人的にこれはありがたいです。

ただし悪かった点。

トランスミッターは使用する際、USBケーブルで接続する必要がある。

これがちょっと……。

トランスミッター自体にバッテリーが付いていないので、USBで接続して電源を確保する必要があるんですよ。

なのでPCならばUSBで接続すれば良いのですが、私の家のテレビは古いのでUSB端子自体が無いんですよね……。

そうなると電源の確保のための手順としては

1.USB用コンセント変換充電アダプターを購入する
2.USBケーブルをUSB用コンセント変換充電アダプターに差し込む
3.USBケーブルが短いので延長用USBケーブルを購入する
4.ようやく確保できる

こんな感じになります。

今回はモバイルバッテリーで無理やり使用しました。

ただモバイルバッテリーだとちょいと非効率ですよね。

私のように家のテレビが古く、USB端子が無い人はちょっと考えものです……。

こんな人におすすめ

・家のテレビやPCの音をワイヤレスで聞きたい
・aptx対応のワイヤレスイヤホンが欲しい

まとめ

今回も満足できる出来栄えでした。

トランスミッターのバッテリー問題にはちょっとげんなりしましたが、それは私の家のテレビが古いのが悪い!

PCで使用する分には問題ありませんし、使いやすさも抜群。

特にペアリングが済ませてあるので購入してすぐに使用できるのは良いですね。

ちなみにペアリング自体はすごく簡単なので、一旦解除した後でもすぐに接続できます。

実際に私は一旦初期化した後、自分でスマホとPCに接続しました。

簡単にできましたよ!

こうなると同じメーカーから発売されている水泳時にも使えるMP3プレイヤーの方も気になる所。

でも新型コロナウィルスの影響もあって、水泳ができるところが減ってるんですよねぇ……。

早く日常に戻ってきて欲しい……。

そんなことを願いながら骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きのレビューを終了します。

以上、三十路のおっさんでした!

Twitterでフォローしよう

その他の記事