骨伝導デジタルオーディオプレーヤー Xtrainerz のレビュー!

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は骨伝導デジタルオーディオプレーヤー Xtrainerzのレビュー記事です。

お値段はAmazonで税込19,668円。

メーカーはAftershokzです。

関連記事

Xtrainerz


こちらがXtrainerzです。

やはりパッケージはおじさん😅

Aftershokzはおじさん推しのメーカーなのかな?

さて、つまんないジョークはさておいて。

このXtrainerzは骨伝導式のオーディオプレーヤーです。

今までレビューしてきた二つはBluetooth式のヘッドホンでしたが、こちらは単独で音楽を聞くことができます。

スマホ無しで音楽が聞けるのが大きな違いですね。


パッケージの裏側はこんな感じ。

英語ばっかりですね。

でも中に同封されている説明書は日本語表記もあるので問題なく使用できます。


開いたらこんな感じ。

泳いでる人が堂々と映し出されています。

そう、このXtrainerzは防水仕様なので水泳時にも使える骨伝導音楽プレーヤーなのです😆

内容物・付属品




内容物と付属品はこんな感じ。

Xtrainerz
・専用クレードル
・収容ケース
・耳栓
・説明書
・保証書

前回の骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きと比べると少なく感じてしまいますな。

いや、あちらの内容物が多かっただけなんですけど。


収容ケースはチャック式。

今までの二つはマグネット式でしたね。

実はこのXtrainerzの方が前の二つよりも古い製品になってるみたいです。

なので所々こちらの方が不便に思う部分もありました。

そう考えるとAftershokzはちゃんと製品を改良しているということですね。

本体


こちらが本体の写真です。

形状的には前二つのものと比べると、細かいところは違いますがそこまで大きく違いは感じません。

重さ的にはこちらの方がやや重いみたい。

ただ手で持って確認しましたが、ほとんど違いは感じず。

それぐらいの差です。

物理ボタン

Xtrainerzは物理ボタン式で、数は四つです。


この写真の三つと


反対側の押しにくい部分に一つ。

Aeropexではこの辺が改良されたみたいですね。

充電

この充電もAeropexの方が凄く簡単でした。

Xtrainerzの方がやや手間がかかる感じです。


これが専用クレードル。


ボタンを押すとこの様にパカッと開きます。


本体のこの部分を合わせるように中に入れます。


こんな感じですね。


最後に閉じて、USBを差し込むと充電が開始されます。

マグネット式の充電ケーブルだったAeropexと比べるとやっぱりやや不便。

ですが中々充電できない、というわけではないので問題はないと思います。

ちなみにこの状態でPCのUSBに差し込むと4GBのリムーバブルディスクとして認識されるので、音楽データの挿入はこの状態で行いましょう。

つまりAeropexと違ってPCが必要となるわけです。

スマホでもできなくないでしょうが、割と面倒だと思います。

仕様


説明書に載っていた仕様です。

連続再生時間が8時間。

充電時間が2時間。

この二つはAeropexと差がないですね。

また保証が二年間。

Aftershokzは保証が二年間と長いので安心して使えます。

操作



説明書に載っていた操作方法です。

Aeropexとはちょっと違うので、最初は戸惑いました。

使っているうちに慣れましたが、そうなると今度はAeropexの方の操作に戸惑ってしまいました。

仕方のないことですが、ちょっと考えものです。

音質

Aeropexと同じ音楽データを入れて聴き比べてみました。

明らかにXtrainerzの方が音質が良いです。

低音もしっかりと聞こえます。

やはりAeropexは無線で音を飛ばしているため、Xtrainerzの様に直接音を聞くことができるオーディオプレーヤーには劣るんですよね。

音質を求めるならばAeropexよりもXtrainerzの方がおすすめです。

音漏れについて

やはり骨伝導式の気になるのは音漏れについてですよね。

Aeropexはほとんど気になりませんでした。

ではXtrainerzは……?

残念ながらAeropexと比べるとやや気になるレベルですね。

音量を大きくすればするほどしっかりと聞こえてしまいます。

小さくすれば音漏れしませんが、それでは音楽をしっかりと楽しめません。

音漏れが気になるのであればAeropexの方が良いでしょう。

Xtrainerzの良かった点・悪かった点

良かった点

・骨伝導式なので外の音がよく聞こえる
・防水防塵性能 IP68
・連続再生時間が8時間
・音質が良い
・日本語で書かれた説明書と保証書
・保証期間が二年間

悪かった点

・充電がAeropexと比べるとやりにくい
・大きな音量だと音漏れが気になる
・音楽データを入れるためにPCが必要
・Qi非対応
・タッチセンサー式ではない

感想

Aeropexと比べると全体的に粗が目立つ感じ。

まぁ、あちらの方が後で発売されているのでそれは仕方がないと思います。

Xtrainerzが優れているのは、やはり防水性能。

水泳時に使用できるのはこちらですね。

またオーディオプレーヤーなのでAeropexと違い、スマホを持たなくても音楽を聞けるのは大きな違いだと思います。

運動時にスマホを持ちたくないって人にはXtrainerzの方がおすすめです。

肝心の水泳時の使用感は残念ながら新型コロナウィルスが流行っている今だと使えていないのでレビューできません。

早く平和な日常が戻ってくることを願っております。

というか早く試したい!

そう思えるぐらい音質が良いんですよ、Xtrainerzは。

Aeropexも無線にしては良い音質なんですけど、やはり聴き比べると圧倒的な差に驚いてしまうと思います。

今後もAftershokzの製品に期待しましょう。

こんな人におすすめ

・水泳時に音楽を聞きたい(ただし未検証)
・コードレスでも高音質な音楽を聴きたい
・運動時にスマホを持たずに音楽を聴きたい
・運動時に音楽を聴きたいけど、安全のために外音も聞こえるようにはしておきたい

以上、三十路のおっさんでした!

Twitterでフォローしよう

その他の記事