ゆるい糖質制限を行い、五ヶ月でHbA1cを8.5から5.2にした話

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は私がゆるい糖質制限を行い、五ヶ月でHbA1cを8.5から5.2にした話です。

いや、もちろん運動もしてますよ?

HbA1cとは?

たぶん糖尿病患者の方や、もしくは普段から健康に気を配っている人じゃないとあまり聞き慣れない言葉だと思います。

わかりやすく言うとこの数値を見れば自分が糖尿病かどうかが分かる、という項目です。

たぶん健康診断を受けている人は自分の検査レポートを見てみれば乗っていると思います。

4.6~6.2が正常値です。

私の数値

手元に残っているレポートを見ると2019/02に血液検査を受けて、その時が8.5でした。

これは上限値である6.2を超えていますね。

はい、糖尿病です。

この時点から糖尿病のお薬を飲み始めました。

ジャヌビアというお薬です。

糖尿病の患者さんは「私も飲んでる!」ってなる人も多いのではないでしょうか?

ゆるい糖質制限とダイエット

私の体重が18.2kg減ったことは昨日ブログで書きました。

そう、このダイエットは糖尿病の改善のために始めたのです!

まぁ、全般的に健康になりたいからでもあります。

なので食事制限は糖質制限だけでなく、脂質と塩分にも気を遣っています。

これが結構しんどいんですけど、それでも体重や毎月の定期検診の結果はどんどん改善されているため、現状はがんばれています。

HbA1cの変動

私のHbA1cの変動を書いてみます。

2019/02 8.5
2019/03 7.0
2019/04 6.0 ここで正常値内に
2019/05 5.4 ここでお薬の量が半分になった
2019/06 5.3 さらにお薬の量が半分に
2019/07 5.2 ここでお薬を一旦停止。やったー!

こんな感じです。

先生からは褒められました。

今月の検査以降、ジャヌビア錠は飲んでいません。

ただ今後、HbA1cが6.5を超えるようならお薬を再開するとも言われています。

HbA1cの数値が下がったからと言って油断はできません。

今後もダイエットを続けていくつもりです。

気をつけたこと

私がゆるい糖質制限とダイエットで守っているルールを書きます。

・お米は一食120g
・おやつは一日200kcalまで
・チートデイは週に一回
・運動は基本的にできるときはする

こんな感じですね。

お米の量について

私が病院で食べた糖尿病患者用のご飯は195gでした。

結構多めです。

なので栄養士さんに聞いてみました。

「糖尿病でもこんなにご飯を食べてもいいんですか?」

すると栄養士さんの答えは

「そうですね。あなたなら180gぐらいか適正かもしれません」

というものでした。

なので私は

「じゃあ家では150gにします!」

と答えたのです。

で、当初は一食150gにしていたのですが、それだとなかなか体重が減らなかったため、さらに減らして120gにしています。

最初は少なく思うかもしれませんが、そのうちに馴れてきます。

もともと一食300g以上のお米を食べていたことを考えると凄い違いです……。

今後はHbA1cと体重を考えながらもう少し量を増やしてもいいかな、と思っています。

まずは150gにして、ダイエットが成功した後は180gにしてみるつもりです。

糖質の量は

たぶん読んでいる人が気になっていると思います。

私が毎日摂取している糖質の量。

だいたい日に170g~220gですね。

ご飯120gの糖質はだいたい44g。

なので毎食食べると約132gですね。

この時点でそこそこの量ですが私は甘いおやつも毎日食べているのでだいたい170gから220gになります。

これでもきちんと体重は減りますし、HbA1cも正常値になりました。

今後も数値には気をつけるつもりです。

運動

ダイエットの記事のときも書きましたが、ほぼウォーキングのみです。

基本的には一時間を目安にしています。

ただ運動を始めた当初は20分からでした。

これはリハビリの先生から

「最初は短くてもいいので、とりあえず運動を習慣づけてください」

と言われたからです。

長年の運動不足もあって、凄く体が訛っていたのでこの20分でもきつかった……。

ですが今では60分歩いても全然元気です。

継続は力なり、って奴ですね。

ただ毎日は歩きません。

だいたい週に五日ぐらいだと思います。

気が乗らない日があったり、前日の疲れが抜けてない日だってあります。

そんな時は無理をしないで「今日は休み♪」と切り替えます。

これだけでもだいぶ運動が嫌にならなくなるんですよね。

ただここ最近は梅雨のせいであまり歩けていません。

歩きたいなぁ……。

と思うこともしばしば。

いや、マジでウォーキングを続けているとそう思う日が来ます。

これは自分でも驚いています。

どうなっているんでしょうね……?

まとめ

私がHbA1cを下げることができた最大の要因。

それは今行っているゆるい糖質制限やウォーキングではなく、自分自身の意識の改革だと考えています。

どんなに優れたダイエット方法でも、それを行う自分自身が甘く考えているようでは意味がありません。

私の家族はもうジャヌビア錠を飲み始めて六年になると言っていました。

今、受診しているお医者さんは私と同じ先生です。

ですが私は五ヶ月で薬を一旦停止することができ、家族は六年飲み続けてもHbA1cは8を超えています。

私は「死にたくない!」と本気で思いました。

だから本気でダイエットしています。

その意志の結果がこの五ヶ月間の18.2kgのダイエットであり、8.5から5.2まで下がったHbA1cです。

以上、三十路のおっさんでした!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

その他の記事