低糖質なミネストローネを作ってみた!

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は低糖質なミネストローネを作ってみました。

少ない材料で簡単に作れるお手軽レシピです。

あらかじめ断っておきますが、あくまで料理書初心者の私が作ったものです。

あまり期待しないでくださいね。

低糖質ミネストローネ


低糖質ミネストローネ 2人前
材料
・キャベツ1/4
・しめじ1袋
・カットトマト200g
・ウインナー160g
・チーズ60g
・白だし40ml

材料はたったこれだけです。

本来ミネストローネにはじゃがいも、人参、玉ねぎなどたくさんの野菜が入りますが、今回はあえて省いております。

理由は二つあり、まず一つ目はなるべく低糖質に作るためです。

じゃがいもも人参も玉ねぎも他の野菜に比べると糖質が多目の野菜です。

それらを省くことによって低糖質化を目指しました。

もう一つの理由としては単純に材料費を安くするためです。

特に今は雪や雨のため野菜の値段が上がっております。

だからなるべく安く作るため上記の野菜は省きました。

もちろん入れた方が美味しいものにはなるでしょうが、 たまには貧乏レシピもいいものではないでしょうか。

それに男の料理などこんなものです。

では早速作っていきましょう。

手順1 カットしたキャベツとしめじを鍋に入れる

まずキャベツをカットして鍋に入れます。

私はめんどくさいので鍋の上で包丁でちょっとずつ切り落としていきます。

キャベツが入れ終わったら、株元を切り落としたしめじを入れます。

しめじは洗わずそのままで、手で少しずつ割いて入れます。

ネットで調べたところしめじは洗わなくても良いそうです。

手間が省けるのでありがたい。

では次の手順に移ります。

手順2 カットトマトを入れ、その上から白だしと水を入れる

キャベツとしめじの上からカットトマト缶のトマトを入れていきます。

今回購入したカットトマト缶は400gですが、それをそのまま入れてしまうと多すぎるような気がしますので、今回は半分の200gだけ入れました。

次に白だし40mlと水260mlを入れます。

個人的には今回の調理で最も大事なのはこの白だしと水の分量だと思います。

白だしの量が多ければ味が濃ゆくなってしまい、逆に少なければ薄くなってしまいます。

私はだいたい白だし40mlと水260mlが良いのではないかと思いました。

何度かこのり分量で作って、大体は美味しいです。

では次の手順に移ります。

手順3 ウインナーを入れ、鍋に火をかける

鍋にウインナーを入れ、火をかけた後に蓋を閉めます。

後はしばらく待ちましょう。

私はめんどくさいので強火でやっています。

強火に火をかけても大丈夫な鍋を使ってください。

途中で蓋を開け、所々菜箸で混ぜ合わせます。

なるだけ均一に火が通るようにしたいですよね。

火が通ったと思ったら火を止め、上からチーズをふりかけます。

後はもう一度ふたを閉め、 余熱でチーズがとろけたら完成です。

まとめ

低糖質ミネストローネ 2人前
材料費
・キャベツ1/4 200円
・しめじ1袋 100円
・カットトマト200g 50円
・ウインナー160g 230円
・チーズ60g 100円
合計 680円 1人前 340円

糖質量
1人前 10gほど

どうだったんでしょうか。

手順はとても簡単だったと思います。

値段も一人前340円ぐらいであれば安いのではないでしょうか。

キャベツが本来の値段であればさらにもう50円ほど安くできます。

糖質の量も一人前10g程度とかなり低糖質のレシピです。

もし脂質が気になるような人はチーズを入れず、またお肉をウインナーではなく鶏胸肉などを入れればいいのではないでしょうか。

個人的にはチーズを入れることによってトマトの酸味が緩和され、より美味しく食べることができるようになると思いますので、できることであればチーズを入れたいです。

また鶏胸肉は調理法によってはそうでもないですが、今回のレシピで入れてしまうとかなりパサパサして美味しくないと思います。

脂質を取るか、味を取るか。

人によると思いますが自分に合った選択をしましょう。

今回はちょっといいウインナーを使ったのでとても美味しかったです。

やはり冬はこう言った煮込み料理が美味しいですよね。

またいつか別の低糖質料理の記事を書きたいと思います。

以上、三十路のおっさんでした!

低糖質料理レシピカテゴリの最新記事