門司区にあるラーメン店、麺屋 一鳳(めんや いちおう)へと行った!

門司区にあるラーメン店、麺屋 一鳳(めんや いちおう)へと行った!

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は福岡県北九州市門司区にあるラーメン店、麺屋 一鳳(めんや いちおう)へと行ってきました。

かなりドロドロとした豚骨スープのラーメン店です。

麺屋 一鳳(めんや いちおう)


こちらが麺屋 一鳳(めんや いちおう)です。

プレハブ小屋もどきみたいな店構えをしています。

ですが向かって左側のテラス部分は春や秋には良いですよね。


ここは元来「牡蠣の蔵」という牡蠣小屋さんなんですが、牡蠣のシーズン外である今は麺屋 一鳳(めんや いちおう)としてラーメン店になっています。

店舗内


こちらが店舗内の写真です。

テーブルの間隔が広いのでそこまでたくさんの人が入られるような作りにはなっていませんでした。

メニュー表


こちらがメニュー表です。

かなりシンプルなメニュー表ですね……。

個人的にはやはり写真なども載せてある作りの方がわかりやすくていいと思うのですが。

唐揚げ3個+ドリンクバーが無料


今だけの期間限定らしいですが、ラーメン一杯につき唐揚げ3個とドリンクバーが無料で付いてきました。

これはかなりのサービスですね。

もちろん、お願いしました。

とんこつラーメンを食べるときには水もいいですが烏龍茶もいいですよね!


テーブルの備え付けの写真です。

水や紅生姜といった左側のものは席につくと店員さんが持ってきてくれました。

ラーメン


こちらが今回注文したラーメンです。

お値段は税込600円。

紅生姜と白ごまは後から私が乗せました。


無料で付いてきた唐揚げとドリンクバーの烏龍茶です。

では感想を。

まずスープだけをレンゲで飲んでみました。

かなりドロドロとした豚骨スープでしたが、なぜかちょっと甘く感じました。

ドロドロ具合はこの間行った石田一龍 門司店以上です。

正直、私はこういったドロドロ系のスープは苦手。

しかもちょっと甘く感じるスープ。

もちろん砂糖系の甘さではないのですが、「これはハズレかなぁ……」と思いました。

ですが、細麺にスープと紅生姜を絡ませて食べるとこれが凄く合うんです!

ドロドロスープの甘さと紅生姜の酸味が混ざり合い、すごくおいしいラーメンへと昇華しています。

おかげで今回は替玉をするつもりはなかったのに、我慢できずにしてしまいました……。

ちなみにその替玉にもびっくりさせられました。


こちらが替玉です。

なんとチャーシューがまるまる1枚乗ってあります。

今まで、切れ端を刻んだチャーシューとかを替玉に乗せているお店を見たことはありましたが、チャーシュー1枚をまるまる替玉に乗せているお店は見たことありませんでした。

しかも麺だけでなく、きちんと希釈される前のスープがかかっているので、替玉によりスープが薄くなることもありませんでした。

替玉の料金は税込120円。

二度びっくりさせられたラーメン店でした。

ちょっと残念だったのは唐揚げです。

おいしいとは思いましたが、味はかなり薄くしか感じられませんでした。

これは唐揚げに味を付けていないのではなく、ラーメンスープの味が濃すぎて唐揚げの味を感じにくいだけではないのかと考えています。

今回はごちそうさまでした!

まとめ

麺屋 一鳳(めんや いちおう)
味    4.0
値段   4.5
広さ   3.0
雰囲気  3.5
サービス 4.5

・味はおいしいです。スープ単体だといまいちと思いましたが、紅生姜と麺を絡ませて食べると最高でした。
・値段はかなり安いです。ラーメン600円+替玉120円は普通ですが替玉のチャーシューや、期間限定ですが唐揚げ3個+ドリンクバーが無料はかなりお得です。
・広さは普通です。お店全体の広さは結構広いですが、使っていないスペースもありました。
・雰囲気はそこそこ良いです。昼時にいきましたが、他にお客さんがほとんどおらず、かなりゆっくりとくつろいで食べることができました。
・サービスはかなり良いです。やはり替玉のチャーシューや、期間限定ですが唐揚げ3個+ドリンクバーが無料は他ではほぼ見ないサービスです。店員さんの接客も丁寧でした。

行く前はあまり期待していないお店だったのですが、実際に食べてみてかなりおいしくて驚きました。

なので思いの外いい点数が付きました。

今度は友人を誘って行こうと思います。

以上、三十路のおっさんでした!

ラーメンカテゴリの最新記事