小倉北区にある猫カフェ、「アンシャトン」へと行ってきた!

小倉北区にある猫カフェ、「アンシャトン」へと行ってきた!

こんばんは、三十路のおっさんです。

今回は福岡県北九州市小倉北区にある猫カフェ、「アンシャトン」へと行ってきました。

珍しいフリータイム制の猫カフェです。

またソマリのキャッテリーもやられているみたいです。

アンシャトン


こちらがアンシャトンです。

旦過市場のすぐそばにあります。

以前に行った小倉猫茶家の割と近くですね。


この階段を登っていった2階にあります。

でもちょっと入りづらいですよね。

雰囲気的にね……。

登っていった先にあった店舗はかなり狭かったです。

上の小倉猫茶家も1ルーム程度で狭く感じましたが、このアンシャトンはもっと狭い!

小倉猫茶家の半分くらいしかありません。

ネコちゃんの写真

ではネコちゃんたちの写真を貼っていきます。

予め書いておきますが、今回は枚数少なめです。

理由は後述します。


私がお店に入った時、大部分のネコちゃんたちは眠っていました。

写真の右端にいる灰色の子だけが元気に遊び回っていたぐらいです。


ソマリの子たちです。

この子たちはケージに入れられていました。

上の写真の灰色の子と仲が悪く、喧嘩してしまうかららしいです。

なので時間で入れ替えをしているとのこと。

お昼まではソマリの子たちが外に出ていたらしいです。


ソマリの子猫ちゃんたちです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、親猫と合わせて合計6匹ぐらいケージの中にいました。

……さすがに過密すぎませんか?


まぁ、割と元気そうでしたが。

ソマリの子猫は血統書付きでアンシャトンだと10~15万円程度だそうです。

ペットショップで購入するよりは遥かに安いですね。


ダブル寝子。


顔を隠して寝ています。


こちらの子はなんとも幸せそうな顔で寝ていました。


この子は冷蔵庫の上で寝ていました。

起きた後は結構甘えん坊で、すり寄ってきました。

でもよく見ると片目がありませんでした。

保護猫だったのでしょうか?

痛々しかったです……。

写真で気づくかどうかは分かりませんが、かなり痩せ気味でもありました。


コルクボードにネコちゃんたちの写真が貼っていました。

左にあるおもちゃは使用自由です。

ただケージの中にいる子に対しては使用禁止とのこと。

眠っていた灰色の子が結構簡単におもちゃに反応してくれました。

写真は以上です。

写真が少ない理由について

これは単純にあまり長時間居なかったから、です。

時間にして30分ほどだったと思います。

この猫カフェはフリータイム制で最初に800円支払えば何時間いても大丈夫です。

ではなぜたった30分しか居なかったかと言うと、一緒に行った友人が早く出たがったからでした。

原因はにおいです。

私は最初は気になりましたが、すぐに慣れました。

ただ友人は慣れなかったようです。

彼は家で犬と猫を買っているのですがそれでもきつかったようです。

彼の場合、BEEF RUSHでポークステーキを食べ過ぎてしまい、胃の中が油ぽかったからかもしれませんが。

まとめ

アンシャトン
施設   2.0
値段   4.5
広さ   1.0
雰囲気  2.5
サービス 2.0

・施設は悪いです。ネコちゃんたちの数は多いですが、その半分以上がケージに入れられていました。またにおいもきつかったです。
・値段はとても安いです。フリータイム制で800円。ただしドリンクは一つ100円となります。
・広さは最低に狭いです。今まで行った猫カフェで最も狭いお店でした(2018/04/16現在)。
・雰囲気はちょっと微妙です。店員さんの愛想はあまり良くありません。質問すれば答えてはくれますが。フレンドリーとは言い難いお店です。
・サービスは悪いです。店舗用にスリッパの質は悪い。ドリンクは二種類でお茶やお水はなし。せめて飲み終わったドリンク(店舗内で購入)のゴミを受け取るぐらいはして欲しかったのですが……。

正直、あまり美点を見いだせない猫カフェでした。

グーグルマップの口コミの点数が低いのも納得できます。

あえて挙げるとすればフリードリンク制で時間制限がないぐらいでしょうか。

ただ店舗は狭く、においはきついのであまり長時間居たいとは思えないでしょう。

その二点が気にならない人であれば良い猫カフェと思えるかもしれません。

以上、三十路のおっさんでした。

猫カフェカテゴリの最新記事